百貨店、実験中。| 松屋創業150周年 特設サイト

松屋は、150周年をきっかけに、 生活を豊かにするお手伝いを、 たくさんの実験を通して考えます。 多少のやんちゃはご勘弁を。 どうか温かい目で見守っていただけますと幸いです。

接客を多言語化する。

2020.04.01 〜2020.04.07

さまざまな国の「ありがとう」は、海外のお客さまの心を掴む?

この春松屋は、世界のお客さまへのおもてなしを考え直すことにしました。手始めに、まずは「ありがとう」の多言語化から。海外からのお客さまに感謝の気持ちを伝えるため、銀座インズ1,2のプチプチマルシェ免税カウンターでは4月1日(水)から7日(火)まで、「世界のありがとうの実践」を行います。お客さまの母国語の「ありがとう」を伝え、お見送りさせていただくという、ささやかなおもてなしの実験です。英語、中国語、韓国語など、全18カ国の「ありがとう」一覧を用意し、お客さまをお迎えします。さまざまな国の挨拶は、海外からのお客さまとのコミュニケーションを盛り上げるでしょうか。新しい接客の実験です。

Loading...